総合印刷通販メガプリント
合計5,000円以上で送料無料!名刺200枚までネコポス送料150円
カスタマーサポート 06-6648-8477(平日10:00~17:00)MAIL

トップ ≫ データ作成ガイド ≫ サイズについて ≫ 断裁のずれが目たちやすいデザイン

断裁のずれが目たちやすいデザイン

断裁のずれが目たちやすいデザイン

⇒細いフチのデザインはお勧めしていません。

【少しでも断裁ズレが起こると…】

断裁のずれが目たちやすくなるデザイン例 断裁線(仕上がり線)に沿って細い幅でのフチのデザインを制作すると断裁ズレが生じる際に、ズレが目立ちやすくなります。下図のように細い幅で均等のフチを作成されていると、断裁ズレによってフチの幅が上下左右均等にならない恐れがございます。例えば0.5mmの断裁ズレが生じる場合、フチの幅は1mmの差が生じます。このようなデザインによる断裁ズレが目立つ場合は再印刷や返金には対応できませんので、ご了承ください。

ステッカーの断裁について

⇒ステッカーの断裁はズレの幅が大きくなる可能性があります。

ステッカー商品は作業工程内で糊を使用するため印刷物の中でも特に断裁ズレの幅が大きくなります。(最大2㎜)
そのため、ステッカー印刷の場合は上図のような断裁のズレが目たちやすくなるデザインは特におすすめできません。
※セーフティーゾーン内(断裁線より内側3mm以内)に全てのデザインが収まるようにデータを作成してください。