総合印刷通販メガプリント
合計5,000円以上で送料無料!名刺200枚までネコポス送料150円
カスタマーサポート 06-6648-8477(平日9:30~17:30)MAIL

トップ ≫ データ作成ガイド ≫ illustratorガイド ≫ 文字(フォント)のアウトライン化

文字(フォント)のアウトライン化

フォントのアウトライン化について

⇒文字(フォント)は全てアウトライン化してご入稿ください。

アウトライン化

ファイルを開くとフォントが変わってしまいます。
この状態を防ぐために必ずアウトライン化を行ってください。

フォントを含んだデータを、作成したパソコンと異なる環境のパソコンで開くと、フォントが正しく表示されないことや、文字の位置がずれる、場合によっては文字化けを引き起こすなど多様な問題が起こります。 そこでフォントの「アウトラインを作成」することで、文字を図形化し、異なる環境でデータを開いても、形を崩さずに出力できるようになります。 ※文字のアウトライン作成後は文字の修正が出来なくなります。アウトライン作成前の段階のファイルを別名で保存することをお勧め致します。

アウトラインの作成方法

⇒レイヤーを含め全てのロックを解除してからアウトライン作成を行なってください。

1.全てのレイヤーのロックを解除します。

レイヤーのロックを解除

2.オブジェクトメニューから「すべてをロック解除」から全てのロックを外します。

すべてをロック解除

3.選択メニューから「全てを選択(ctrl+A)」を選択します。

全てを選択

4.「書式」より「アウトラインを作成」を行います。

アウトラインを作成

5.(推奨)データを別名保存します。

6.アウトライン化にもれがないかを確認します。

アウトライン化にもれがないかを確認

[書式]よりフォント検索をクリックし、ドキュメントフォントにフォント名がない場合、すべてのフォントのアウトライン化が完了しています。

Illustrator テクニカルガイドデータ作成ガイド