[メガプリント] ご利用ガイド - ご注文の前に / ご注文の流れ / 会員登録 / ご注文方法 / 原稿製作 / 入稿データ / 規格サイズ / 納期日/受付完了日 / お支払い方法/領収書 / イメージ確認 / UI名刺注文 / MY PAGE 情報

総合印刷通販メガプリント
合計5,000円以上で送料無料!名刺200枚までネコポス送料150円
カスタマーサポート 06-6648-8477(平日9:30~17:30)MAIL

トップ ≫ データ作成ガイド ≫ メガプリントの印刷について

メガプリントの印刷について

オフセット印刷とデジタル印刷について

【オフセット印刷】版を制作して、CMYKインキを使用して印刷します。商業印刷機の主流になります。

【オフセット印刷とデジタル印刷のメリット・デメリット】

  • 【オフセット印刷】
    【メリット】
     ・擦れば擦るほどお得価格
     ・写真なども綺麗に印刷
    【デメリット】
     ・小ロットにはあまり向かない

  • 【デジタル印刷】
    【メリット】
     ・版を作成しないので小ロットが安い
     ・トナーだからこそ出来る印刷も
    【デメリット】
     ・大ロットには向かない
     ・文字が滲んだりも

⇒メガプリントの印刷はほとんどが高品質オフセット印刷です。

【オフセット印刷】ほとんどの印刷物
【デジタル印刷】ホワイト印刷・デジタル名刺・白色印刷

ギャンギング(合板印刷)について

⇒ギャンギングで"低コスト"、"大量印刷"が可能に。

ギャンギング 弊社ではギャンギング=合版印刷(付け合わせ印刷)(※)にて印刷を行うことにより"低コスト"、"大量印刷"にて商品をご提供させて頂いております故に色校正(色合わせ)のサービスは行っておりません。
パソコン画面で表示される色と印刷で表現される色は異なります。
同じデータ(CMYK数値)であっても、印刷する用紙・印刷した日の天候、気温、湿度によって仕上がりの色に誤差が生じる場合がございます。完全に仕上がりの色を合わすことはできません。
その仕上がりがお客様が満足のいかないものであったとしても、刷り直し・返品はお受け致しかねますのでご了承ください。
(※)1つの版に、ご注文いただいている他のお客様のデータと付け合せ印刷を行うことです。

⇒付け合わせ印刷の色注意点

下のA図は、背景に濃い色のベタ塗りが複数件配置された場合の版です。一見大きな違いは感じられません。
しかし、下のB図のように断裁後に印刷物を並べかえると色の違いが目立ちやすくなることがあります。
これは、印刷エラーではなく、付け合わせ印刷の特性であるため、再印刷および交換、返金の対象にはなりません。 濃い色のベタ塗りが複数件配置された場合

印刷色許容範囲について

⇒弊社ではCMYKインキによる付け合せ印刷を行っているため、印刷色の誤差が発生いたします。

1. 前回注文色とリピート注文色に誤差が生じる場合がございます。
2. 同時に注文した複数の商品で、同じ色指定でも誤差が生じる場合がございます。

● ベタヌリのデザインなどは下図のように色の差異が目立ちます。予めご了承ください。 ベタヌリのデザインは色の差異が目立ちます。

網点について

⇒網点とは印刷の濃淡を表現するドットの集合です。

網点 オフセット印刷のカラーの濃淡は網点によって表現されます。網点の間隔を狭く、点を大きくすれば、色は濃く見え、逆に間隔を広く点を小さくすれば、色が薄く見えます。濃い色を表現する際、網点のサイズは小さいまま、網点の集合密度を高くすることによって、より高品質な印刷を行うことができます。

印刷機の構造上、カラー濃度が10%以下で設定された細かい線・小さい文字は、網点の間隔が広くなるため、薄く見える可能瀬があります。
マット系の紙は表面に凹凸が多いため、細い線や文字は見えにくくなることがあります。 こちらはデータチェックの対象外となります。

イメージ確認について

⇒網点で構成されています。

確認イメージ例 RIP(ラスターイメージプロセッサ)を使用して出力された作イメージです。解像度を下げて生成していますので粗く表現されます。

⇒イメージ確認で確認して欲しい点

①ご入稿されたデータで間違いないということ。
②オーバープリントの確認。
③その他印刷の効果。

⇒イメージ確認で確認出来ない点

イメージ確認では加工データ・カットパスは反映されません。

イメージ確認ではCMYK印刷部分のみの出力になり、ミシン目や穴あけの加工指示や型抜き印刷のカットパスはイメージに反映されません。加工やカットパスはお客様から頂いた完全データを元に制作致しますのでイメージ確認ではCMYK印刷部分のみご確認ください。